皆さんはローンと言う言葉を聞いてどんなイメージをお持ちでしょう。中にはあまり良くないイメージを持たれている方もいるかもしれません。それはきっと月々の返済やそれに伴う金利などが付いて回るからだと思います。例えば、返済であれば毎月毎に支払いに追われるし、金利は実際に借りた金額に付随するものであるから負のイメージがあるかと思います。ただ銀行等の金融機関もただの貸し借りだけでは何の利益を生む事の無い慈善事業となり、ひいては経営を逼迫しかねません。そして借主においても急な物入りや車や住宅を購入する際にはこのようなローンを組んで少しずつ、返済するお金の貸し借りが定着しております。また中小企業や個人事業主をしている人に向けたビジネスローンが東京などの都市部を筆頭にこちらも既に一般的になってきております。

ビジネスでまとまったお金がいる場合

ビジネスローンは言葉の通り、中小企業や個人事業主がビジネスにおいて貸し借りをするお金になります。会社の経営者であれば、運転資金やつなぎ資金、設備投資、そして急にまとまった資金が必要なケースもあります。その際に常に手元に資金があるとは限りません。そういった有事に対応するには、ローン審査にどうしても時間がかかり、また審査内容も厳しめな公的融資よりも比較的時間も早く、審査も厳しめではない民間のビジネスローンを検討する事も一つの方法です。また民間ならではのメリットは公的融資と違い、無担保及び無保証人で借り入れが可能です。ただデメリットは公的融資や銀行からの融資と比較すると随分、金利が高くなる、といった事があります。その他には借り入れ限度額が低い事が挙げられます。特に東京や大阪といった大都市では民間のビジネスローンの利用割合が高まってきているようです。

どこでビジネスローンを組めば良いのか

もしあなたが東京で起業しようと考えた時に元手となる軍資金をどのようにして調達すべきかを考えます。今回のような、まだ企業としての実績が乏しいケースでは銀行などのローン審査が厳しい事も考えられます。業歴が短い場合は所有している不動産を担保とするビジネスローンも組まれております。これは必ずしも自社や個人事業主の名義である必要はなく、関連企業や3親等以内の親族、といった条件を満たしていれば可能となります。長期にわたるビジネスローンを検討する場合は、限度額が高く、比較的金利も低回りの銀行から借り入れて、逆につなぎ融資や急を要するケースでは限度額が低く、金利は高回りだが審査基準が低く、担保・保証人も不要で即日融資も場合によっては可能な民間のノンバンク系の融資を受けられる事をおすすめします。