東京でビジネスを展開することを考えている人は基本的に資本金が無い場合がほとんどなので、ビジネスローンを利用する必要があります。東京のビジネスローンは地方銀行が展開する商品と違って、東京の新規事業の人に向けた形式をとっています。大きな違いは担保や保証人を必要としないことなどです。つまり一般的に融資条件が厳しいものも緩和され、融資が容易になることを意味します。担保となる土地や家、資産的なものを持たなくても融資が受けられるので、一般的な地方展開よりビジネス展開のハードルは低くなります。また最短で当日など、融資の審査スピードが速いことから、事業計画の進行が足止めされずに進むことができます。自分が描いた青写真通りに経営進行を行えるのは経営者としてはとてもありがたいことです。

東京のビジネスローンで注意すべき点

しかし、東京のビジネスローンが無担保者にとってのメリットだけでできているわけではありません。無担保、無保証人という借入のしやすい特性からのデメリットも多くあります。たとえば、借入のハードルが低いことから、借入金の最大金額が担保を持った人よりも少ないことが挙げられます。無担保という特性柄、貸出のリスクが高いため、多く融資をできない銀行が多くあります。他にも、借入のハードルを低くすることによって金利を高く儲け、その部分で利益を生み出す仕組みを設ける銀行もあります。これは返済期間が通常より長くなることを意味します。また融資のフットワークを軽くするため、審査は条件的なマニュアルのようなもので精査されるものがほとんどです。各社の条件に合わなければ借入自体が行えず、線引きがシビアということになります。

デメリットを理解したうえで利用する東京のビジネスローン

東京で起業をする場合、十分な担保が無い場合はビジネスローンを利用することが必要となります。そのためにも東京という特殊な地域性を含むビジネスローンの仕組みを理解することは重要になります。自分がどのような返済計画を持ち、どのような事業を展開していくのか、その事業計画の必要性は地方、東京のどちらの展開でも重要であることに変わりはありません。東京での起業を考える人は、地方で行うのと同等の準備をすることをお勧めします。そのうえで、東京のビジネスローンの緩和の恩恵は受けつつもデメリットを意識した返済計画を持つことが大事でしょう。もし自分に担保となる資産がある場合は必ずしも型が決まっているビジネスローンを利用することが最善とは限りません。自分の用意できるすべてを見返し、その中で借り入れ方法を決定することが起業後の会社を安定させる第一歩となるでしょう。